早期妊娠検査薬

もっと早く正確に!生理予定日前のフライング検査可能な早期妊娠検査薬
アナログ&デジタル妊娠検査薬
アナログ&デジタル妊娠検査薬は、“早さ・正確さ・効率”を求める方のためのフライング検査最適セットです。生理予定日前はアナログ検査薬、兆しが見えたらデジタル検査薬でダブル確認!どちらも生理予定日4日前から使用可能のため、とにかく早く・正確に妊娠を知りたい方はこのセットで間違いありません。
ワンステップ妊娠検査薬
ワンステップ妊娠検査薬は、生理予定日でも99%の正確さを誇る上に、1回につき116円で検査できちゃう超お手頃価格が人気の秘密。フライング検査は納得のいくまで気軽に何度もしたいものですから、このお値段はとにかく嬉しい。今後フライング検査をするなら、ワンステップ妊娠検査薬で決まりです。
クリアブルー デジタル妊娠検査薬
クリアブルーデジタル妊娠検査薬は、陽性であればデジタルで妊娠周期まで表示してくれる高性能の妊娠検査薬です。「できるだけ早く知りたい!でも病院には確信を持って行きたい…」という方におすすめ。生理日予定前の検査であっても、デジタル表記で曖昧なところが一切ないから信頼感は抜群です!

妊娠検査薬っていつから検査できる?

生理が遅れはじてからわりとすぐに妊娠検査薬の陽性反応が出たとか、生理予定日より前に陽性結果が出たという話を聞きますけど、実際いつから正確な検査ができるんでしょうね。生理予定日前の検査ならそれ先月出来た子なんじゃないの?とも思っちゃいますし。

でもよく考えたら、排卵があってからしばらく待って、体がこりゃ妊娠はないなと判断するから生理が起きる訳ですよね。ということは妊娠っていうのは当然生理の前に始まっているってことで。だからそれがいつなんだって話ですよね。

受精してからすぐに着床する訳じゃなくて、じゃあいつ着床するのかというと、受精からだいたい一週間後。つまり生理の一週間前くらいには着床が完了してて、とっくに着床してるから生理が来ないんですね。待って、着床と妊娠って違うの?それで妊娠検査薬が一体いつの状態の何を基準に妊娠してるって判断するのでしょうか。気になることがたくさんありますね。

フライングで妊娠検査薬を使った場合

本当は生理予定日から一週間くらい経ってから妊娠検査薬を使うのが正しいらしいのですが、気持ちが流行って生理予定日を過ぎてどころか生理予定日の随分前から妊娠検査をする人もたくさんいるみたいです。冷静に考えれば妊娠検査薬の無駄使いだってことは分かっていながら、検査しないではいられない気持ち、よく分かります。

早めに検査をして、妊娠というか着床していると、うっすらと妊娠反応が出ることがあるそうです。嬉しくなってそれから毎日検査をする人もいるみたいですね。どんどん妊娠が進んでいくのを見るのが嬉しいのでしょう。確かに無駄遣いかもしれませんが可愛らしい人ですよね。

反対に、残念ながら陽性反応が途中で消えてしまうこともあるそうです。これは着床が安定しなかった化学流産と呼ばれるもののことが多いのですが、これは子供を望む方にとっては辛いものを見ることになってしまってかわいそう。本来、科学流産は気付かなくても良いものだと思いますから、やはり妊娠検査薬は言われた通り、生理予定日の一週間後、しっかり着床してから使うことをおすすめします。

検査結果はデジタルの妊娠検査薬が正確

妊娠検査薬の判定はどうしても気持ちが入っちゃいますよね。微妙な濃さだったりしたとき、冷静に判断できるかというのはけっこう問題だったりします。 どうしても自分が期待する判定結果に流されてしまって、無駄に一喜一憂してしまうのに疲れたとい方、デジタルの妊娠検査薬もあるので試してみてはいかがですか?

デジタルの妊娠検査薬でも検査方法はほぼ同じ。簡単で、かつ判定結果がデジタルで画面に表れますから、間違いや勘違いがありません。検査結果はとっておけるのかな?ちょっとはっきりとしませんがデジタルだからいずれ電池の消耗とともに消えてしまうでしょうね。検査結果を保存したいというのであれば避けたほうがいいかもしれません。

デジタルでもお値段はそれほど高いという訳でもありませんから、それほど迷わずに購入できると思います。うろ覚えですが一回分で1000円弱だったような。他に安い妊娠検査薬はいっぱいありますから、高いといえば高いのですが、検査結果の紛らわしくなさはさすがデジタルという感じです。余計なことでやきもきしたくないという方、一発勝負で検査するなら、デジタルのものも良いですよ。